ホーム > ベートーヴェン > アンダンテ・ファヴォリ  ヘ長調

ベートーヴェン :アンダンテ・ファヴォリ  WoO.57 ヘ長調

Beethoven, Ludwig van:Andante favori F-Dur WoO.57

作品概要

作曲年:1803年 
出版年:1805年 
初出版社:Bureau d'art et d'industrie
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:8分30秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (300文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

「アンダンテ・ファヴォリ」は、かの有名なソナタ「ワルトシュタイン」 op.53の第2楽章として作曲された曲。ベートーヴェンは、このソナタがあまりに長大だと批判した友人の意見に同意し、この第2楽章をソナタから外した。

曲は変奏曲風な技法を見せながら、素朴で穏やかな曲奏を持つ。作曲は1803~04年、1805年にウィーンで初版を出版した時は「ピアノのためのアンダンテ」というタイトルだったが、1807年にライプツィヒのブライトコップ・ウント・ヘルテル社から出版された際に現在の「アンダンテ・ファヴォリ(お気に入りのアンダンテ)」というタイトルに改められた。ベートーヴェン自身が好んで演奏したと伝えられる。