ホーム > ヤナーチェク > 霧の中で

ヤナーチェク :霧の中で

Janáček, Leoš:V mlhách

作品概要

作曲年:1911年 
出版年:1913年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:17分30秒

解説 (1)

執筆者 : 小崎 紘一 (394文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

《イェヌーファ》は既に初演されており、いくつかのオペラを発表してはいたが、当時の楽檀ではヤナーチェクの名前はそれほど広まってはいなかった。当時の彼はすでに60に手が届こうとしていた。

このことはヤナーチェクを不安にさせた。焦燥に駆られる以上に、まず先行きが案じられた。後に自身も認めているように、《イェヌーファ》がプラハで成功を収める前の不安定な状況がここでは綴られている。作曲家のうつろう心を表すかのように同じメロディやオスティナートが形を変えながら各曲を行き来する。タイトルにある霧とはそれを表しているとされ、また多用される黒鍵が細やかな陰影を与えていることと連関付ける向きも多い。しかし、心情の吐露に埋没せずにあくまでも小品としての気品を湛えているところにこの作品の持つ力強さがある。

第一曲 Andante

第二曲 Molto Adagio

第三曲 Andantino

第四曲 Presto

執筆者: 小崎 紘一

楽章等 (4)

アンダンテ

総演奏時間:5分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

モルト・アダージョ

総演奏時間:3分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

アンダンティーノ

総演奏時間:4分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

プレスト

総演奏時間:4分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

楽譜 (2件)全件みる