モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第8(9)番 第1楽章 K.311 K6.284c

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.8 Mov.1 Allegro con spirito

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分30秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
30507 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (295文字)

更新日:2019年3月5日
[開く]

第1楽章 二長調 4分の4拍子 ソナタ形式

K.309と同様、オーケストラのトゥッティのような力強い開始と、それに呼応して弱奏の軽快なメロディーが流れだす。属調の副次主題(第17小節~)はレガートとスタッカーによる順次下行音型の対比が特徴的である。

後半部分(第40小節~)は、前半部分を締めくくる2度下行音型の連鎖がゼクエンツ風に続き、ホ短調、ロ短調を経てト長調で副次主題の下行音型があらわれる。16分音符の連鎖による移行パッセージ(第66小節~)の後、まず副次主題が主調で再現される(第79小節~)。主要主題はようやく第99小節で回帰し、前半と同様に2度下行音型によって静かに楽章を閉じる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜 (8件以上)全件みる