ホーム > モーツァルト > ドゥゼードの「リゾンは森で眠っていた」の主題による9つの変奏曲  ハ長調

モーツァルト :ドゥゼードの「リゾンは森で眠っていた」の主題による9つの変奏曲  K.264 K6.315d ハ長調

Mozart, Wolfgang Amadeus:9 Variationen über 'Lison dormait' aus Dezede's 'Julie' C-Dur K.264 K6.315d

作品概要

作曲年:1778年 
出版年:1786年 
初出版社:Artaria
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:18分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (235文字)

更新日:2007年12月1日
[開く]

1778年にパリで作曲された。尚、モーツァルトはこの年にピアノのための変奏曲を全部で4曲作曲している。

テーマは、前半と後半から成り立つが、後半のほうがやや長めである。そして、左右の手の役割を入れ替えることによる変奏のペアが見られる。また、トリルによる保続音や分散オクターヴが特徴的に用いられている。非常に細かい音価による第8変奏の後に、和音や重音の順次進行による連続奏法が際立つ最終変奏が続く。この第9変奏では、最後にテーマを回想することにより、この作品全体を締め括る。

執筆者: 齊藤 紀子