ホーム > グリーグ > 気分

グリーグ :気分 Op.73

Grieg, Edvard Hagerup:Stemninger Op.73

作品概要

作曲年:1903年 
出版年:1905年 
初出版社:Peters
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:19分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (920文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

グリーグにとって最後のピアノ作品。グリーグの作品全体中の最後の作品は、合唱のための《4つの詩篇》であり、その直前のもの。しかし、この曲集を構成するすべての曲が晩年に作曲されたわけではない。第5曲目の<練習曲(ショパンへの頌歌)>は、《叙情小品集 第1集 作品12》の第5曲目<民謡>と同じ草稿譜に書かれている。

第1曲目は<あきらめ>。ルール(Lur 中世スカンジナビアで使われた木製の管楽器)の響きを模したような単音のロ音で開始する。メロディーは半音階的な音の動きに富んでいる。そして、左手が担う伴奏にもまた、半音階的な音の動きが潜在的に見られる。反復進行を経て至るクライマックスの後は、増4度が潜在的に見られる下降音形が続く。そして、第13音が加えられた属和音が印象的に響いた後、曲を閉じる。

第2曲目は<即興的スケルツォ>。この曲は、ヴァイオリンとピアノのためにも編曲されている。エコーや異なる音域の響きの対比が特徴的である。そして、生き生きとした性格を持つ。

第3曲目は<夜の騎行>。アッレグレット・ミステリオーソのこの曲では、4分の3拍子の中のリズムの扱い方が巧妙である。そして、中間部で一転して、美しい音楽が繰り広げられる。また、曲全体を通して、随所にヘミオラが見られる。

第4曲目は<ヴァルドレスの民謡>。ツィターに似たノルウェーの民俗楽器、ランゲライクを思わせる民謡調の音楽である。メロディーに表れる3連音符が印象的。

第5曲目は<練習曲(ショパンへの頌歌)>。グリーグの作品で、このように練習曲と銘打っているものは珍しい。16分音符の3連音符に、8分音符と16分音符を交互に弾くリズムが重なる。

第6曲目は<学生のセレナード>。この曲が書かれた20世紀初頭、ノルウェーはスウェーデンからの独立を達成した。学生たちは、そのような時代にあって理想主義と民族主義の代表であった。若々しい情熱に満ち溢れた作品。半音階的な和声が特徴的である。

第7曲目は<山人の歌>。この曲の原曲は、L. M. リンデマンの民俗曲集に収録されている。メロディーは五音音階が特徴的で、そこには持続低音を主体とした伴奏が添えられている。また、比較的規模の大きな楽曲。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (7)

あきらめ Op.73-1

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

即興的スケルツォ Op.73-2

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

夜の騎行 Op.73-3

総演奏時間:4分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

民謡 Op.73-4

総演奏時間:3分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

練習曲-ショパンの思い出 Op.73-5

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

学生のセレナード Op.73-6

総演奏時間:2分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

山人の歌 Op.73-7

総演奏時間:4分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)