ホーム > グリーグ > 民俗生活の情景-ピアノのためのユモレスク

グリーグ :民俗生活の情景-ピアノのためのユモレスク Op.19

Grieg, Edvard Hagerup:Folkelivsbilleder - Humoresker for piano Op.19

作品概要

作曲年:1870年 
出版年:1872年 
初出版社:Horneman & Erslev
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:16分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (496文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

1872年に作曲された。3つの曲から構成された曲集である。デンマークのホーネマン社から出版された初版には、「ピアノのためのユモレスク」という副題が付されている(《ユモレスク 作品6》を参照のこと)。

第1曲目の<山の調べ>は、ウン・ポコ・アレグロ→トランクィッロ→プレストと変化するテンポで構成されている。そして、空虚5度で開始する。まず左右のユニゾンで提示されたテーマは、その後、オクターヴに重ねられる。トランクィッロの部分では、左手の分散和音に乗って、同じ音形を繰り返す中声、メロディーが歌われる。その後、このメロディーはカノン風に扱われる。そして、冒頭のユニゾンを回帰した後、コーダに入り、プレストの部分を繰り広げて曲を閉じる。

第2曲目の<婚礼の行列が通り過ぎる>は、タイトルに表されているように、婚礼の行列が遠方から近づいてきて、その後、遠ざかっていく様子が描写されている。メロディーには、装飾音が施され、のどかさを備えた晴れ晴れしい雰囲気を醸し出している。

第3曲目の<謝肉祭より>では、途中に、この曲に先立つ<婚礼の行列が通り過ぎる>を回想するかのような場面が聴かれる。技巧的な終曲。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (3)

山の歌 Op.19-1

総演奏時間:5分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

通りゆく婚礼の行列 Op.19-2

総演奏時間:3分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

謝肉祭より Op.19-3

総演奏時間:7分00秒 

解説(0)

楽譜(0)