ホーム > ピアノ曲事典 > モーツァルト > ピアノ協奏曲 第8番「リュッツオウ」 ハ長調

モーツァルト :ピアノ協奏曲 第8番「リュッツオウ」 K.246 ハ長調

Mozart, Wolfgang Amadeus:Konzert für Klavier und Orchester Nr.8 'Lützow' C-Dur K.246

作品概要

作曲年:1776年 
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:20分30秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (607文字)

更新日:2008年1月1日
[開く]

作曲は1776年4月、ザルツブルクにおいて。この協奏曲はモーツァルトの父レオポルトの弟子であるアントーニア・リュッツォウ伯爵夫人のために作曲されたと考えられることから、《リュッツォウ》協奏曲と呼ばれている。社交界に快く受け入れられるような、明るく軽やかに仕上げられた作品である。夫人はピアノを巧みに弾いたというから、演奏者の技量に作曲が制限されることもなかったのだろう。

モーツァルトはこの協奏曲を、先に作曲した第5,6番と共に、マンハイム・パリ旅行に携えて行き、機会があれば各地で披露したようである。実際、この旅行中に演奏されたこともわかっている。第1,2楽章に多種類のカデンツァが残されているのも、演奏の機会が多かった証拠といえよう。

第1楽章:アレグロ・アペルト、ハ長調、4/4拍子。協奏的ソナタ形式。ハ長調の主和音がフォルテで奏される開始部は、力強くある一方で、高く明朗な響きが際立っていることから、女性らしいやさしさをも印象付ける。

第2楽章:アンダンテ、ヘ長調、2/4拍子。小規模な協奏的ソナタ形式。ピアノが主体となって主題を奏するが、管弦楽も常に背景を支えており、色彩豊かな緩徐楽章にしている。

第3楽章:ロンド。テンポ・ディ・メヌエット、ハ長調、3/4拍子。ロンド形式。メヌエットのテンポで2拍目に休符をもつロンド主題が特徴的。また、イ短調のエピソードは後のモーツァルトの短調を思わせる激しさも垣間見せる。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:7分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:7分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:6分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。