ホーム > ハイドン > ソナタ 第54番 ト長調

ハイドン :ソナタ 第54番 Hob.XVI:40 op.37-1 ト長調

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.54 G-Dur Hob.XVI:40 op.37-1

作品概要

作曲年:1784年 
出版年:1784年 
初出版社:Bossler
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:10分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (555文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

「ソナタ集 第2巻」として1784年に出版されたことから、それまでには作曲されていたことがわかっている。ここには、Hob. XVI/40-42の作品37の3曲が収められていた。この3曲のピアノ・ソナタはすべて全2楽章から成り、このピアノ・ソナタはその1曲目にあたる。

第1楽章のト長調はアッレグレット・インノチェンテ(インノチェンテは天真爛漫にと言う意)で8分の6拍子。この楽章は、ソナタ形式ではなくロンド形式で書かれている。そのロンド主題は、回帰する度に手を加えられている。ロンド主題か否かを問わず、楽章全体を通して、左右の並進行が随所に織り込まれている。また、冒頭の約3小節間の左手に主音が断続的に保続されていることが特徴的である。この潜在的な保属音は、この楽章の主要主題となるロンド主題に、安定感と気品をもたらしているように思われる。

第2楽章のプレストは4分の4拍子。第1楽章と同じく、ト長調のロンド形式で書かれている。また、冒頭の1小節半に左手に主音が連打で保続されている。最初の副次的な主題はト短調により、その点で最初の副次的な主題もト長調であった第1楽章と異なる。また、第1楽章よりも快活さが増しており、そこに、主調の同じロンド形式が並置されたこのピアノ・ソナタの2つの楽章の性格の変化がうかがえる。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (2)

第1楽章

総演奏時間:7分30秒 

動画(0)

解説(0)

第2楽章

総演奏時間:2分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜 (8件以上)全件みる

その他特記事項
第54番は「ウィーン原典版」の番号