ハイドン :ソナタ 第33番 第3楽章 Hob.XVI:20 op.30-6

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.33  Mov.3 Finale: Allegro

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分00秒
著作権:パブリック・ドメイン
  • クリックして画像を開く
  • tab
32179 1

解説 (1)

解説 : 稲田 小絵子 (129文字)

更新日:2021年2月26日
[開く]

交響的な広がりをもつ第1楽章に対して、この終楽章はピアニスティックな要素が顕著である。忍び足のような冒頭主題の不気味さや、十六分音符のパッセージの焦燥感が印象的。だが一方で、第2主題のカンタービレな楽想が緊張を緩め、協和した3度の響きが楽章全体を支えている。

執筆者: 稲田 小絵子