ホーム > バッハ > 前奏曲(幻想曲) ハ短調

バッハ :前奏曲(幻想曲) BWV 921 ハ短調

Bach, Johann Sebastian:Praeludium (Fantasie) c-moll BWV 921

作品概要

作曲年:1707年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲
総演奏時間:3分00秒

解説 (1)

執筆者 : 朝山 奈津子 (520文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

「アンドレーアス・バッハ本」、すなわちバッハの兄ヨハン・クリストフの楽譜帖に含まれている。バッハの真作であるかどうか議論の余地があるが、最後の3小節は紛れもなくバッハの筆跡である。

楽曲には、若きバッハの演奏者としての情熱が漲っている。現代では超人的な技巧の持ち主に対し、驚嘆(場合によっては一抹の侮蔑)を込めてヴィルウオーゾと賞賛する。フォルケルが伝えるところでは、バッハ自身はこの種の「なにを弾くべきかを指に指示するのではなく、指から教わるタイプ」の曲芸人を「クラヴィーア軽騎兵」と呼んだ。「前奏曲」とのタイトルを持つが、バッハの他の前奏曲には類似する書法・様式はみられない。

全体は5つの部分から成り、それぞれ拍子や基本となるリズムが異なっている。動機やリズム自体はきわめて単純で、ひたすらに反復される。そのため、細かい動機でどれほどの変奏、どのような和声進行できるのか、その可能性をカタログにしたような印象さえ受ける。

しかしこの曲には、動機労作や対位法技法からは得られない、聴く者をトランス状態に引き込む強い力が備わっている。現代のピアノにはさらに音色の追究の余地が残されており、バッハの異色の作品として取り組む価値は充分にあるだろう。

執筆者: 朝山 奈津子
現在視聴できる動画はありません。