ホーム > ピアノ曲事典 > フランク > プレリュード、コラールとフーガ ロ短調

フランク :プレリュード、コラールとフーガ M.21 ロ短調

Franck, César:Prelude, chorale et fugue h-moll M.21

作品概要

作曲年:1884年 
出版年:1884年 
初出版社:Énoch
献呈先:マリー・ポワトヴァン
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:18分00秒

解説 (1)

執筆者 : 横田 敬 (947文字)

更新日:2006年12月1日
[開く]

1884年、62歳のフランクは、約40年ぶりに本格的なピアノ曲の作曲に取り掛かった。「プレリュード、アリアと終曲」と共に彼のピアノ曲の双璧をなす「プレリュード、コラールとフーガ」は、この年に作曲されたものである。

この作品を作曲するにあたって、フランクがJ.S.バッハの「プレリュードとフーガ」を意識していたことは明らかである。また、メンデルスゾーンの《厳格なる変奏曲》やリストの《バッハの名による幻想曲とフーガ》もその手本のひとつであったと言われる。当初はプレリュードとフーガの2部分からなる形で構想されたが、その後フランクはこの両部分をコラールでつなぐことを思いつき、1曲のソナタのような3部分からなる形に仕上げた。この3部分は切れ目なく演奏され、各部分は「循環形式」によって緊密に結びついている。

「プレリュード」の構成はA-B-A’-B’-A”。A部分でアルペッジョを伴う前奏曲の主題(ロ短調)が現れるが、コルトーはこれが「バッハ(BACH)動機」に酷似していることを指摘している。B部分では、フーガの主題が予告されている。

「コラール」は、導入句-コラール旋律(ハ短調)-挿入句-コラール旋律(ヘ短調)-挿入句-コラール旋律(ホ短調)-経過部という構造によるコラール・ファンタジアである。挿入句で何度か暗示されるフーガの主題は、経過部で初めてその全貌を現し、そのまま4声の「フーガ」に突入する。

「フーガ」の主題は、J.S.バッハのカンタータ第12番《泣き、嘆き、憂い、慄き(Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen)》BWV.12の半音階に由来する。この「フーガ」は、主題の提示は型どおりに進むが、その後の展開はかなり自由なものである。(この作品に否定的な評価を残しているサン=サーンスは、次のように述べている。「不体裁で弾きにくい曲だ。この曲では、コラールはコラールではなく、フーガはフーガではない。なぜなら、フーガはその提示が終わるや否や元気を喪い、際限のない脱線によって継続されるのだから」。)フーガの発展部では、「プレリュード」のA部分のアルペッジョ上にコラール旋律が現れ、さらにそこにフーガの主題が重ねられる。最後に、コラール旋律が長調で高らかに歌い上げられる。

執筆者: 横田 敬

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。