ホーム > ピアノ曲事典 > フォーレ > 舟歌 第13番  ハ長調

フォーレ :舟歌 第13番  Op.116 ハ長調

Faure, Gabriel:Barcarolle No.13 C-Dur Op.116

作品概要

作曲年:1921年 
出版年:1921年 
初出版社:Durand
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:舟歌
総演奏時間:4分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (211文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

1921年2月に作曲され、同年にデュラン社より出版された。初演は1923年4月の国民音楽協会において、ブランシュ・セルヴァにより行われている。また、A. スーン・グメリウスに捧げられている。

フォーレの最後の舟歌となるこの作品は、アッレグレットのハ長調で書かれている。そして、中間部が比較的規模の大きい3部形式で書かれている。この中間部は、主要主題と部分的に同じリズムを用いることにより、曲全体にわたる関連性が図られている。

執筆者: 齊藤 紀子

ピティナのYoutubeチャンネル (0)

現在視聴できる動画はありません。  

その他の音源・動画 (1)