ホーム > ペヤチェヴィチ > ワルツーカプリス

ペヤチェヴィチ :ワルツーカプリス Op.28

Pejačević, Dora:Walzer-Capricen Op.28

作品概要

作曲年:1910年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 西井 葉子 (559文字)

更新日:2020年10月3日
[開く]

1910年、25歳頃の作品。1913年ライプツィヒとブダペストにて、ロージャヴェルジ社(Rózsavölgyi&Co.)から、《ピアノのための組曲 ワルツ-カプリス(Walzer-Capricen SUITE für Klavier)》というドイツ語のタイトルで出版され、ドラが作曲を習っていたドレスデン出身のピアニスト、ペルシー・シェルウッド(Percy Sherwood)に献呈されている。《ワルツ-カプリス》というタイトルの通り、様々な表情・雰囲気を持った9つのワルツから成るこの組曲は、心の移ろい(ムード)のギャラリーのようであり、ショパンのワルツやマズルカの影響も感じられる魅力的なワルツ集である。

第1番 Op. 28-1:Moderato 変ホ長調

第2番 Op. 28-2:Grazioso 変イ長調

第3番 Op. 28-3:Im Ländler-Tempo 嬰ハ短調

第4番 Op. 28-4:Wiegend 嬰ヘ短調

第5番 Op. 28-5:Lento ロ長調

第6番 Op. 28-6:Tempo giusto ホ長調

第7番 Op. 28-7:Allegretto イ短調

第8番 Op. 28-8:Grazioso, allegramente イ長調

第9番 Op. 28-9:Moderato 嬰ヘ短調

執筆者: 西井 葉子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。