ホーム > ペヤチェヴィチ > 子守唄 変ロ長調

ペヤチェヴィチ :子守唄 Op.20 変ロ長調

Pejačević, Dora:Berceuse B-Dur Op.20

作品概要

作曲年:1906年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ベルスーズ(子守歌)
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 西井 葉子 (314文字)

更新日:2020年10月3日
[開く]

1906年、21歳頃の作品。《思い出》Op. 24とともに2曲まとめて、ドレスデンのH.ボック(H.Bock)により《ピアノ作品(Kompositionen für Klavier)》というドイツ語のタイトルで出版されており(出版年不詳)、ドラの甥のニコラ・ペヤチェヴィッチ伯爵に献呈されている。また、1907年ブダペストで、ドラ自身により初演されている。12歳の時の最初の子守歌と比べると、ずいぶん頻繁に転調し、和声的な変化に富んだ作品となっている

執筆者: 西井 葉子

楽譜 (0件)