ホーム > ベートーヴェン > ピアノ三重奏曲のアレグレット(第8番) 変ロ長調

ベートーヴェン :ピアノ三重奏曲のアレグレット(第8番) WoO 39 変ロ長調

Beethoven, Ludwig van:Klaviertrio Nr.7 B-Dur WoO 39

作品概要

作曲年:1812年 
出版年:1830年 
初出版社:Dunst, Frankfurt am Main
楽器編成:室内楽 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:6分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (379文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

ベートーヴェンの死後の1830年に出版された作品で、Werk ohne Opuszahl(作品番号なしの作品)に分類される。「ウィーン1812年6月26日。私の小さな友人、マクセ・ブレンターノに、ピアノを弾く励ましに。l v ベートーヴェン」と自筆稿(ベートーヴェンハウス:ボン)のタイトルに書かれている。マクセとはマクシミリアーネの愛称で、ブレンターノ家の当時10歳の少女にこの作品は献呈されたのであった。ピアノが上手であった彼女のために書いたと推定される。一楽章から成っていて、比較的規模の小さな作品である。  8分の6拍子。ロンド形式。8分音符の順次進行のテーマを基本和声が刻む上品な出だしが何度も回帰する。近親調にしか転調せず、低音を用いることもなく、終始平穏で優雅な調べは曲全体に気高さを与えている。ヴァイオリンとチェロ、ピアノの掛け合いが美しい。