ホーム > ベートーヴェン > チェロ・ソナタ 第3番 イ長調

ベートーヴェン :チェロ・ソナタ 第3番 Op.69 イ長調

Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier und Violoncello A-Dur Op.69

作品概要

作曲年:1807年 
出版年:1809年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
楽器編成:室内楽 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:27分20秒

解説 (1)

総説 : 上田 泰史  (398文字)

更新日:2014年1月20日
[開く]

難聴からくる精神的危機を克服した1800年代中期は、名作の多さから「傑作の森」と称される。「熱情ソナタ」 (1804-5), ピアノ協奏曲第4番, 「ラズモフスキー四重奏」(1805-6), 交響曲第5, 6番 (1807-8)。本作の成立経緯は詳らかではないが、直前に挙げた交響曲と同時期の作。献呈先の親友I. v. グライヒェンシュタイン男爵は有能なチェロ愛好家でもあった。

(各楽章の説明)

第1楽章:冒頭、チェロの独白で提示される質朴な第1主題、上行音階と下行音型をチェロとピアノで交代する第2主題の織り成す協奏的なソナタ形式の楽章。

第2楽章:緩徐楽章の代わりに置かれたシンコペーションのリズムで統一された特徴的なスケルツォ。

第3楽 : 緩徐楽章を省く代わりにフィナーレへの前奏を兼ねた18小節のカンタービレの短いアダージョの楽節が置かれる。快活な主部は主として第1主題に基づいて展開される。

執筆者: 上田 泰史 

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:12分10秒 

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:5分20秒 

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:9分50秒 

解説(0)

楽譜(0)