ホーム > ラヴェル > グロテスクなセレナード

ラヴェル :グロテスクなセレナード

Ravel, Maurice:Sérénade grotesque

作品概要

作曲年:1893年 
出版年:1975年 
初出版社:Salabert
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:セレナード
総演奏時間:3分30秒

解説 (2)

総説 : 神保 夏子 (274文字)

更新日:2015年1月20日
[開く]

ラヴェルの最初の完成されたピアノ作品。自筆譜に記されたタイトルは単に《セレナード》となっている。同じく最初期の作品である《古風なメヌエット》等とともにシャブリエ (1841-1894) の影響がみられ、作曲者自身も自伝的記述の中でこれを認めている。オレンシュタインは、冒頭のスタッカートのパッセージや、題名からも示唆される「グロテスク」な雰囲気において、シャブリエの《ブーレ・ファンタスク》との類縁性を指摘している。「ピツィカーティッシモ」と指示された、ギターをかき鳴らすような特徴的なアルペッジョ書法は、後の〈道化師の朝の歌〉の先駆けともいえる。

執筆者: 神保 夏子

成立背景 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (800文字)

更新日:2015年1月20日
[開く]
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (3件)全件みる