ホーム > モーツァルト > ピアノ協奏曲 ト長調

モーツァルト :ピアノ協奏曲 K.107-2 ト長調

Mozart, Wolfgang Amadeus:Konzert für Klavier und Streicher G-Dur K.107-2

作品概要

作曲年:1772年 
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:8分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (460文字)

更新日:2008年3月1日
[開く]

ピアノ協奏曲第1~4番と同様、他人のピアノ・ソナタの編曲である。この作品の原曲にはそれぞれ、ヨハン・クリスティアン・バッハ(1735-82)の6曲のピアノ・ソナタ作品5から、第2、第3、第4番が取り上げられている。

クリスティアン・バッハはJ. S. バッハの末子で、最終的に活躍した地名から「ロンドンのバッハ」と呼ばれる。ミラノで勉強を重ねた彼の音楽は、イタリア風の優美で明るいギャラントな様式を特徴とし、モーツァルトに多大な影響を及ぼしたと考えられている。モーツァルトが彼と親しくなったのは、1764年から翌年にかけてロンドンに滞在した際、すなわち8歳のときであった。

この3つのピアノ協奏曲(K.107)は独奏ピアノ(チェンバロ)とヴァイオリン2部、そしてバスという簡素な編成で、原曲を大きく改作することなくその雰囲気を保持している。第2曲は、流麗な主題の耳に心地よい第1楽章と、独奏ピアノと弦楽による奥行きをみせながら変奏される第2楽章(主題と4つの変奏)から成る。モーツァルト自身によるカデンツァは残されていない。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等 (2)

第1楽章

総演奏時間:4分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:4分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)