ホーム > ピアノ曲事典 > メンデルスゾーン > 幻想曲 (スコットランド・ソナタ) 嬰ヘ短調

メンデルスゾーン :幻想曲 (スコットランド・ソナタ) Op.28 U 92 嬰ヘ短調

Mendelssohn, Felix:Fantasie (Sonate écossaise) fis-moll Op.28 U 92

作品概要

作曲年:1833年 
出版年:1834年 
初出版社:Simrock
献呈先:Ignaz Mosheless
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:幻想曲
総演奏時間:14分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (611文字)

更新日:2007年9月1日
[開く]

1830年、ワイマールに滞在中、メンデルスゾーンはゲーテのもとを訪れ、そこで演奏したうちの一曲が、この《幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」》であったとされている。メンデルスゾーンは1828年に《スコットランド・ソナタ》という曲の作曲をはじめ、その後、5年間、これを書きなおし続けた。そして、1834年に出版したものが、この《幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」》である。

全3楽章からなり、全曲通して演奏される。

第1楽章:嬰へ短調 4分の2拍子 コン・モート・アジタート―アンダンテ

冒頭8小節にわたるアルぺッジョの序奏(コン・モート・アジタート)からはじまる。アンダンテの主部につづき、登場するアルぺッジョの挿句は、徐々に勢いと音量を増し、クライマックスを形成する。大きな変化が加えられた再現部が奏されたのち、序奏のアルペジオが再び現れ、幻想的に曲をとじる。

第2楽章:イ長調 2分の2拍子 アレグロ・コン・モート

およそA-B-Aの形によっており、スケルツォ的な性格をもつ。対位法的な技法が用いられた短い楽章。

第3楽章:嬰へ短調 8分の6拍子 プレスト

即興的な性格が強いが、およそソナタ形式によっている。第一主題は、6連音符の下降音形からなり、めまぐるしく動く。第2主題は、オクターブでゆったりとうたわれる。6連音符は、一曲全体を貫いており、その音形の変化によってさまざまな表情がうみだされている。情熱的な終曲。

執筆者: 和田 真由子

楽章等 (3)

第1楽章 U 92

総演奏時間:5分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章 U 92

総演奏時間:2分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章 U 92

総演奏時間:6分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)