ホーム > ピアノ曲事典 > ドビュッシー > 英雄の子守歌-ベルギー国王アルベール1世陛下とその兵士たちをたたえて

ドビュッシー :英雄の子守歌-ベルギー国王アルベール1世陛下とその兵士たちをたたえて

Debussy, Claude Achille:Berceuse héroique pour rendre hommage à S.M. le Roi Albert 1er de Belgique et a soldats

作品概要

作曲年:1914年 
出版年:1915年 
初出版社:Durand
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:4分00秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (215文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

第一次世界大戦中、ドイツ軍に抵抗したベルギー国王アルベール一世と、兵士たちの勇気をたたえて、イギリスの文筆家ホール・ケインは『キング・アルバーツ・ブック』を編集した。その際、作曲を依頼され、書かれたものが、この《英雄的な子守歌》である。ベルギーの国家《ブラバンソンヌ》の旋律も、主題の一つになっている。全体的には重苦しい雰囲気をもった曲である。1914年にピアノ版、オーケストラ版がつづけて作曲された。初演は翌年1915年10月。

執筆者: 和田 真由子

ピティナのYoutubeチャンネル (1)

その他の音源・動画 (1)