ホーム > ピアノ曲事典 > ベートーヴェン > パイジェッロの歌劇「水車屋の娘」のアリア「田舎者の恋は何と美しく」による9つの変奏曲

ベートーヴェン :パイジェッロの歌劇「水車屋の娘」のアリア「田舎者の恋は何と美しく」による9つの変奏曲 WoO.69

Beethoven, Ludwig van:9 Variationen über die Arie "Quant e piu bello" aus der Oper "La molinara" von G.Paisiello WoO.69

作品概要

作曲年:1795年 
出版年:1795年 
初出版社:Traeg
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:5分10秒
ピティナ・コンペ課題曲2018:D級

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (303文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

ベートーヴェンの作品中、独立して「変奏曲」として知られるものは20曲ある。さらにピアノ・ソナタ中の1楽章として作曲されたものも5曲あり、非常に数多い。その期間についても少年期から晩年までに及んでいる。「変奏曲」については作品番号の与えられていないものがほとんどを占める。ベートーヴェンがこの形式の楽曲を愛好したことは間違いない。しかし一方で、多分に作曲技術向上のための習作としての意味合いが強い傾向にあるのも一連の「変奏曲」群の特徴と言える。

この「9つの変奏曲」もやはり作品番号を与えられていない。イタリアの作曲家、ジョバンニ・パイジェッロのオペラ「水車屋の娘」のアリア「田舎者の恋は」を主題とする変奏曲。

ピティナのYoutubeチャンネル (1)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。