ホーム > ピアノ曲事典 > ブーレーズ

ブーレーズ 1925 Boulez, Pierre

Dummy

解説:岡田 安樹浩 ( 307文字 )

更新日:2009年1月1日

ピエール・ブーレーズは1925年フランスのモンブリゾン生まれ。リヨンで数学などを学んだ後、パリ音楽院でアンドレ・ヴォラブール(6人組の1人アルテュール・オネゲルの妻)やオリヴィエ・メシアンに対位法や作曲を師事。

音楽院を中退後、シェーンベルクヴェーベルンの弟子として知られるルネ・レイボヴィッツに学び、音列技法へ傾倒する。この傾向はさらに推し進められ、第2次世界大戦終結後、1947年から始まったドイツのダルムシュタット夏季現代音楽講習会に参加した経験もともなって「トータル・セリエリズム(総音列主義)」へ行き着く。2台ピアノのための《構造》(1952/1961)は、この技法によって作曲された代表的な作品である。

執筆者: 岡田 安樹浩
<続きを表示する / 閉じる>

解説 : 齊藤 紀子 (586文字)

更新日:2008年8月1日
[開く]

作品

ピアノ独奏曲(2)

ソナタ(3)

ピアノ・ソナタ 第1番 ピアノ・ソナタ 第1番

作曲年:1946  総演奏時間:10分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

ピアノ・ソナタ 第2番 ピアノ・ソナタ 第2番

作曲年:1947  総演奏時間:27分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピアノ・ソナタ 第3番 ピアノ・ソナタ 第3番

作曲年:1957  総演奏時間:19分30秒 

動画(0)

楽譜(0)

★ 種々の作品 ★(1)

12のノタシオン 12のノタシオン

作曲年:1945  総演奏時間:10分40秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピアノ合奏曲(1)

曲集・小品集(2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

室内楽(1)

ソナチネ(1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)