ホーム > ピアノ曲事典 > ブーレーズ > ピアノ・ソナタ 第3番

ブーレーズ : ピアノ・ソナタ 第3番

Boulez, Pierre : Sonate pour piano No.3

作品概要

作曲年:1957年 

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:19分30秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (490文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

アンティフォニー、トロープ、コンステラシオン、ストローフ、ゼクエンツの5つのフォルマン(形成されつつあるもの)からなる。この5つのフォルマンの演奏順序は演奏者に任されているが、全くの無秩序なのではない。必ずコンステラシオンが中心でなければならず、よって8種類の可能性がある。ブーレーズ自身、「興味の中心は1つの作品の2つの顔を比較するなどということではなく、まさに作品が決して決定的に固定された1つの顔を持たないであろう、ということを知ることなのです。」と語っている。しかし、今のところトロープとコンステラシオンしか出版されていない。

トロープ

グレゴリア聖歌に新しい歌詞と装飾的旋法を挿入するという「トロープ」の形式を援用している。テキスト、パランテーズ、グロス、コメンテールの4つの部分からなり、どこから始めても良い。テキストとグロスが確定された構造、パランテーズとコメンテールが「管理された偶然性」を取り入れた不確定な構造になっている。

コンステラシオン

ポワン1、ポワン2、ポワン3、ブロック1、ブロック2からなる。楽譜は二色で印刷されていて、ポワンは緑、ブロックは赤で示される。

楽章等

Trope    7分10秒

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

Constellation-Miroir    12分20秒

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル(0)

現在視聴できる動画はありません。  

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧(0)

現在楽譜は登録されておりません。