ホーム > ピアノ曲事典 > リヒャルト・シュトラウス

リヒャルト・シュトラウス 1864-1949 Strauss, Richard

126
  • 解説:齊藤 紀子 (629文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • ドイツの作曲家。様々な編成の音楽を手がけた。独奏ピアノのための作品は20代の前後に書かれた。持ち前の創造力で新たな音楽を開拓していった作曲家である。とりわけ、オペラや交響詩、歌曲に顕著である。オペラはワーグナー、交響詩はリスト、歌曲はヴォルフとそれぞれに功績のある作曲家の影響を受けながら、シュトラウス独自の展開をみせている。

    シュトラウスの父親はミュンヘン宮廷楽団の第1ホルン奏者をしており、ミュンヘン音楽院の教授や王立バイエルン室内楽でも演奏をしていた。そのため、シュトラウスは幼少の頃から音楽にふれることができた。そして、ピアノやヴァイオリン、作曲、音楽理論を学んだ成果を、家庭で開く音楽会で発表していた。1882年からその翌年にかけては、ミュンヘン大学で哲学や美学、文化史の講義を聴き、ショーペンハウアーに傾倒していった。ブラームスと知り合って才能を認められたシュトラウスは、後に、ヴァーグナーの姪と結婚し、熱心なワーグナー信奉者となった。

    指揮者としても活動したシュトラウスは、情熱的で手や眼、耳を駆使した独自の指揮法によって後生にも影響を与えた。また、新聞や雑誌に音楽評論を発表した他、ベルリオーズの『管弦楽法』をドイツ語に訳するなど、文筆活動においても功績を残しているウィーンやミュンへン、ドレスデンの名誉市民の他、ハイデルベルク大学の名誉哲学博士、オックスフォード大学の音楽学博士、ミュンへン大学の法学博士など、。名誉称号や勲章も数多く受賞した。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(9)

    ピアノ独奏曲 (3)

    ソナタ (1)

    ピアノ・ソナタ Op.5 TrV 3 ピアノ・ソナタ ロ短調

    調:ロ短調  作曲年:1820  総演奏時間:23分00秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    曲集・小品集 (3)

    5つの歌 Op. 15 TrV 148 5つの歌

    総演奏時間:11分40秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    5つの小品  Op.3 5つの小品 

    作曲年:1880  総演奏時間:25分30秒 

    解説(0)

    楽譜(0)

    4つの情緒のある風景  Op.9 TrV 127 4つの情緒のある風景 

    作曲年:1882  総演奏時間:19分30秒 

    解説(0)

    即興曲 (1)

    即興曲とフーガ 即興曲とフーガ イ短調

    調:イ短調  作曲年:1884 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ合奏曲 (2)

    ポルカ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (1)

    ソナタ (1)

    ヴァイオリン・ソナタ Op.18 TrV 151 ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調

    調:変ホ長調  作曲年:1888  総演奏時間:27分40秒 

    楽譜(0)

    歌とピアノ (1)

    曲集・小品集 (1)

    3つの歌 Op. 29 TrV 172 3つの歌

    総演奏時間:8分10秒 

    解説(0)

    楽譜(0)