ホーム > サリエリ

サリエリ 1750-1825 Salieri, Antonio

106
  • 解説:齊藤 紀子 (305文字)

  • 更新日:2008年8月1日
  • イタリア出身の作曲家。主な活動はウィーンで行った。1766年にヴェネツィアを訪れたガスマンの目にとまり、ウィーンへ移って語学や対位法、演奏技法を学んだ。若い頃に出会ったグルックとは、その後も理解し合える仲が続き、生涯の友となった。18世紀末まではオペラの作曲家として活躍していたが、当時の音楽の趣味と自身の目指す音楽との乖離から、音楽の指導に専念するようになる。その弟子の中には、ベートーヴェンシューベルトチェルニーフンメルリストモシェレスなどがいる。ここから、音楽史上名高い作曲家の育成に寄与したことがうかがえる。

    作品の主なものはオペラが多いが、1778年には《ピアノ協奏曲 ハ長調》を書いている。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(5)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (3)

    ピアノ協奏曲 ピアノ協奏曲 ハ長調

    調:ハ長調  作曲年:1773 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ協奏曲 ピアノ協奏曲 変ロ長調

    調:変ロ長調  作曲年:1773 

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ協奏曲 ピアノ協奏曲 ハ長調

    調:ハ長調  作曲年:1775 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    その他 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)