デュティユー(デュティーユ) :ピアノ・ソナタ

Dutilleux, Henri:Sonate pour piano

作品概要

作曲年:1948年 
出版年:1949年 
初出版社:Durand
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:25分00秒

解説 (2)

総説 : 平野 貴俊 (546文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

アンリ・デュティユーのピアノ曲のうち最も規模が大きく、演奏頻度の多い作品。フルートとピアノのための《ソナチネ》(1943)など管楽器の小品と並んで、最も広く普及したデュティユーの作品である。音楽大学の試験やコンクールといった教育の場においても、20世紀ピアノ作品の重要なレパートリーとして位置づけられてきた。 1938年にカンタータ《王の指環》でローマ賞大賞を獲得するなど、デュティユーは1930年代から作曲家として活躍していた。しかし彼にとっての「作品1」は、1947年に書かれたこの《ピアノ・ソナタ》であり、この作品をもって自身の様式が確立されたとデュティユーは考えていた。  3楽章からなり、伝統的なソナタ形式にもとづく。単独で演奏されることも多い第3楽章「コラールと変奏」の構成は、デュティユーによれば、ソナタの原理に拠っている。作品を支配する明確な調性は存在しないものの、嬰へ音や変ニ音が核として機能することで、比較的安定した調性感が与えられている。デュティユー夫人となったピアニスト、ジュヌヴィエーヴ・ジョワ Geneviève Joy(1919~2009)に献呈され、1948年4月30日、国民音楽協会の演奏会(パリ)でジョワによって初演、1949年にデュラン社から出版された。

執筆者: 平野 貴俊

楽曲分析 : 平野 貴俊 (2111文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:7分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:6分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章 「コラールと変奏」

総演奏時間:11分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0件)

現在楽譜は登録されておりません。