ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > フーガ イ短調

ショパン :フーガ KK.IVc/2 イ短調

Chopin, Frederic:Fugue a-moll KK.IVc/2

作品概要

作曲年:1841年 
出版年:1898年 
初出版社:Leipzig
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:フーガ
総演奏時間:2分50秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (310文字)

更新日:2007年9月1日
[開く]

1827年ごろまたは1841年頃の作品とされている。出版は、ショパンの死後、1898年になされた。

ショパンがバッハを敬愛していたことはよく知られており、数多くの作品に対位法的な手法が見られる。しかし、2分の2拍子のイ短調で書かれ、2声によるこのフーガは、ショパンの諸作品の対位法的な箇所に比べ、比較的簡素な構造をもつことから、弟子の教育のために書かれた作品か、もしくは若いときの習作と考えられている。主題は、属音から主音へと完全4度上行する旋律で開始するため、作曲にあたっては、「変応」が要求される。また、主題の各小節に半音階的な動きが少なくとも1つ見られることは、バッハのフーガを思い返すと、興味深いことに感じられる。

執筆者: 齊藤 紀子
現在視聴できる動画はありません。