ホーム > 尾崎 宗吉 > 提琴と洋琴のための奏鳴曲 第三番

尾崎 宗吉 :提琴と洋琴のための奏鳴曲 第三番

Ozaki, Sokichi:

作品概要

作曲年:1939年 
楽器編成:室内楽 
ジャンル:ソナタ
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 杉浦 菜々子 (212文字)

更新日:2021年7月12日
[開く]

1939年7月作曲、1939年12月24日楽団「プロメテ」第2回発表演奏会、蚕糸会館講堂にてヴァイオリン松本善三、ピアノ藤田晴子により初演。同年8月に出征した尾崎は、この初演を聴いていない。

1楽章 夜の曲・・・ソナタ形式。仄暗い抒情性を持ち、暗示的な静けさを湛えている。1943年の遺作となったチェロとピアノのための作品も「夜の歌」のタイトルを持つ。

2楽章 トッカータ・・・オスティナートに支えられたリズミカルなトッカータ。

執筆者: 杉浦 菜々子

楽章等 (2)

解説(0)

楽譜(0)

楽譜 (0件)