ホーム > 清瀬 保二 > 第二ピアノ曲集

清瀬 保二 :第二ピアノ曲集

Kiyose, Yasuji:Piano Compositions No. 2

作品概要

作曲年:1937年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集

解説 (2)

楽曲解説 : 仲辻 真帆 (452文字)

更新日:2018年3月27日
[開く]

全7曲から成る曲集である。いずれも1937年から1940 年にかけて作られた曲だが、太平洋戦争後も弾き継がれ、『清瀬保二ピアノ作品集』の他、『世界大音楽全集 器楽篇 第33巻 日本ピアノ名曲集1』にも収録されている。この曲集では、清瀬保二らしい音楽の組み立て方が実践されている。作曲者によると、第1曲は「チゴイネル音階」によって書かれている。これは、増音程を持つ半音階的志向が強い音階である。第2 曲では、息の長い一つの音型が様々に変容する。音域を変え、和音を変え、表情を漸次変化させてゆく。第3 曲を構成する主要な音は、ド、ミ、ソ、ラの4 音である。少ない種類の音で、いかに多彩な音楽を作り上げるかという清瀬の試みがここに反映されている。第4 曲はリディア旋法で作曲された。叙情的な音楽に仕上がっている。第5 曲では、7 度音程の重なりが顕著に響く。第6 曲は8 分の6拍子の舟歌で、2 連符や付点音符が適度にゆらめく。そして終曲では、7 度音程とともに半音階が多用され、彩り豊かな音響が広がってゆく。

執筆者: 仲辻 真帆

About work(s) : 仲辻 真帆 (1317文字)

更新日:2018年4月19日
[開く]
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。