ホーム > ピアノ曲事典 > サティ > 「星の息子」への前奏曲

サティ :「星の息子」への前奏曲

Satie, Erik:Troi Preludes du "Fils des Etoiles" Wagnerie Koldeenne du Sar Peladan

作品概要

作曲年:1892年 
出版年:1896年 
初出版社:Baudoux
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:11分29秒

解説 (1)

執筆者 : 樋口 愛 (528文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

1892年、デュラン=リュエルの画廊で当時サティが所属していたペラダンの薔薇十字会絵画サロンが開かれ、そこでぺラダンの演劇『星たちの息子』を上演するにあたり、劇中音楽をまかされた。そして彼はフルートとハープのための3つの前奏曲を作曲。「サール・ペラダンのワーグナーふう占星術」と曲に添えられているが、ペラダンがワーグナーに魅了されていたことがわかる。これをピアノ曲にして遺されたのが『《星たちの息子》への前奏曲』である。

1.天職 / No.1 "La Vocation"    装飾的主題―カルデアの夜

2.奥義伝授 / No.2 "L'Initiation"  装飾的主題―大寺院の地下の大広間

3.秘儀 / No.3 "L'Incantatio”    装飾的主題―パテシ・ゴンデアの宮殿のテラス

第一幕への前奏曲:天職は、4つの同じ上行形の形が深い4度和声の響きで8回繰り返され、次第に細か分解(3連音のモティーフなど)されるが、最後には最初の和音の響きに戻る。構成は、A-B-C-D-B-Cの流れである。

第二幕への前奏曲:入信は、静かに3度と4度の和声の響きが十回続き、3連音が現れる。構成の流れは、A- B-C-B-Cである。

第三幕への前奏曲:呪文は、

執筆者: 樋口 愛

楽章等 (3)

天職

総演奏時間:4分27秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

奥義伝授

総演奏時間:3分13秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

秘儀

総演奏時間:3分49秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。