ホーム > シューマン > アベッグ変奏曲 ヘ長調

シューマン :アベッグ変奏曲 Op.1 ヘ長調

Schumann, Robert:Theme sur le nom d'Abegg Varie F-Dur Op.1

作品概要

作曲年:1829年 
出版年:1831年 
初出版社:Kistner
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:9分00秒

解説 (2)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (370文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

ロベルト・アレクサンダー・シューマンは、始めはピアニストを志し、無理な練習から指を痛めて、作曲に専念するようになった。そのため、作曲に専念してからの約10年間は専らピアノ曲の作曲に没頭し、数々のピアノの名曲を書いている。

伯爵令嬢パウリーネ・フォン・アベッグに献呈されたこの曲は、シューマン20才の1829~30年に書かれた。このアベッグという令嬢は架空の人物だが、この名の綴り(ABEGG)を音名に当てはめテーマを導き出すという、当時としては斬新な方法を採っている。

全体は、主題(アニマート、ヘ長調、3/4拍子)と3つの変奏(いずれもヘ長調、3/4拍子)、カンタービレ(変イ長調、9/8拍子)、幻想曲風フィナーレ(ヘ長調、6/8拍子)から成るが、その随所に従来の常識を大きく逸脱したシューマンらしいアイディアに富んだ、魅惑的な変奏曲である。

総説 : 上山 典子 (1544文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]