ホーム > ピアノ曲事典 > シューベルト > ピアノ・ソナタ 第8番 嬰ヘ短調

シューベルト :ピアノ・ソナタ 第8番 D 571 嬰ヘ短調

Schubert, Franz:Sonate für Klavier Nr.8 fis-moll D 571

作品概要

作曲年:1817年 
出版年:1888年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:7分20秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (84文字)

更新日:2007年7月1日
[開く]

第1楽章の展開部までしか残されていない。しかし和声変化の美しい楽章であり、嬰ヘ短調という珍しい調の選択も含めて、シューベルトが独自のセンスを発揮し始めたことが窺われる。

執筆者: 稲田 小絵子
現在視聴できる動画はありません。