ホーム > ショパン > ドイツ民謡「スイスの少年」による変奏曲 ホ長調

ショパン :ドイツ民謡「スイスの少年」による変奏曲 KK.IVa/4 CT227 ホ長調

Chopin, Frederic:Variations sur air national allemand "steh' auf, steh' auf, o du Schweizer" E-Dur KK.IVa/4 CT227

作品概要

作曲年:1824年 
出版年:1851年 
初出版社:Haslinger, Richault
献呈先:Catherine Sowinska née Schoroeder
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:8分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (365文字)

更新日:2007年9月1日
[開く]

1824-1826年頃に作曲されたとされている。出版は、ショパンの死後、1851年になされた。シュレーダー家出身のカタジーナ・ソヴィンスカ夫人に捧げられている。

ア・カプリッチョと指示され、若い頃のショパンに特徴的な華やかな音形による14小節の序奏で開始し、アンダンティーノのホ長調によるドイツ民謡の主題を奏する。その後、4つの変奏と終曲が続く。

第1変奏では、主題を3連音符のリズムで変奏する。第2変奏では、スケルツァンドとなる。続く第3変奏は、トランクィルラメンテ(穏やかに)と指示されているものの、左手の音形には作品10-12の「革命」の俗称をもつエチュードに通じるものがある。そして、第4変奏では、同主短調にあたるホ短調に移旋する。その後、終曲で一転して、明るいワルツとなり、冒頭のように華やかなコーダを奏して曲を締めくくる。

執筆者: 齊藤 紀子