ホーム > ピアノ曲事典 > パルムグレン > 3つの情景による夜想曲

パルムグレン :3つの情景による夜想曲 Op.72

Palmgren, Selim:Une nocturne en trois scene Op.72

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:8分30秒

解説 (1)

解説 : 小川 至 (1700文字)

更新日:2018年6月14日
[開く]

《3つの情景による夜想曲》は1921年に作曲された。この2年前の1919年にデンマークのコペンハーゲンで開催された音楽祭「北欧の日」において、パルムグレンは自身のピアノ協奏曲第3番《変容》を演奏し、大きな成功を収めている。これにより「北欧のショパン」「北欧のシューマン」と呼ばれ、北欧の優れたピアニストとして、またピアノ音楽の作曲家として西欧に確固たる地位を確立したパルムグレンは、1920年の12月下旬から1921年の3月上旬までパリへ向かっている。さらにその後彼は1926年までアメリカのロチェスター音楽学校で作曲の教鞭を執ることになるのだが、この作品は1921331日にフィンランドの出版社であるウェスタールンド社にその権利を売却していること、これ以降の作品の売却先がアメリカの出版社に変更されていることから、アメリカ行きの直前、恐らくパリ滞在中に完成された作品であると推測される。

3曲で構成されたこの作品は、そのどれもが夜の情景を描いた作品である。第1番《星はまたたく》は夜の入り、星々が空に煌めくような幻想的な作品であり、第2番《夜の歌》は甘美ながらも恐ろしい、闇に潜む情念を感じさせる。第3番《曙》は名の通り明け方の姿であり、印象主義にも似た抒情性を帯びている。それぞれに僅かな違いはあるが、和音の間を上下するようなモティーフのオスティナートが全曲を通して特徴的に用いられている。

 

 

1番《星はまたたく》

変ニ長調 アンダンテ、ノン・トロッポ・レント 二部形式

作品全体を通して星の輝きを模したような高音部によるオスティナートのもと、中音域によってコラールのような和音による素朴な旋律が歌われる。2小節の短い前奏ののち、前半と後半とに分かれた旋律がどちらも同じように2度づつ繰り返される。時折低音部にベースが付加されるが、それも極めて少ないものであり、その音楽は常に空中を漂うような静謐さの中に漂っている。曲の末尾には上昇してゆくささやかな分散和音に彩られながら、最後の主音の瞬きとともに静かに曲を閉じる。

 

2番《夜の歌》

ヘ短調 ノン・トロッポ・レント 三部形式

1番のオスティナートとして使われたモティーフが低音部に移り、主要旋律もそれを模したものが展開される。第1番が全体として高音部で展開されていたものと効果的な対比が成されている。旋律は基本的に第1番に引き続きコラール風の和音進行によって書かれているが、時折見せる非和声音が作品の特徴を生んでいる。経過部を経た後、中間部は高音域に移り、分散和音によるピアニスティックなパッセージを伴いながら、カデンツァ風の走駆を経て主要旋律へと戻ってゆく。後半部は前半部分と同じ進行となるが、音域も上下に1オクターブづつ拡張され、その音も和音によって大きく拡大されている。「全ての力で(tutta forza)」の指示を伴いながら、非常にスケールの大きな盛り上がりを見せて作品は幕を下ろす。

 

3番《曙》

変ホ長調 リベラメンテ-プレスト-レント・エレジアーコ 三部形式

ここでは記された調号と終止和音こそ変ホ長調を示してはいるが、その音楽は概して全音音階的な和声に彩られており、調性は曖昧なものとなっている。序奏部とも言える前半部分は属音の変ロ音をベースに、段階を経ながら朝の香気が立ち上るが如く展開していく。ここでも全曲を貫くオスティナートのモティーフが全体の核となっている。次第に音楽は高まりを見せ、ppからfまでの広がりを見せるが、ついには主要モティーフを繰り返しながらpppまで消え去ってゆく。続く中間部は概して主音である変ホ音のベースの上に展開していくが、依然として調性感は曖昧なまま音楽は進んで行ゆく。パルムグレン独自の和声感とも言える響きと共に、スクリャービン的とも言える陶酔の中に高められてゆくが、一転して後半部ではppのダイナミクスまで下げられたまま、以降それ以上の音量を要求されることはない。前半部分の短縮とも言えるパッセージを繰り返しながら、最後にはテンポの減退とともに、音の消失を要求するかのようなppppにまで至る。

執筆者: 小川 至

楽章等 (3)

星はきらめく Op.72-1

総演奏時間:2分30秒 

動画(0)

楽譜(0)

夜の歌 Op.72-2

総演奏時間:3分10秒 

動画(0)

楽譜(0)

暁 Op.72-3

総演奏時間:2分50秒 

動画(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。