ホーム > シューマン, クララ > 3つのロマンス

シューマン, クララ :3つのロマンス Op.21

Schumann, Clara:3 Romanzen Op.21

作品概要

作曲年:1853年 
出版年:1855年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:無言歌(ロマンス)
総演奏時間:11分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (585文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

1853年にクララは4曲のロマンスを作曲した。その第1曲、イ短調のロマンスをローベルトに誕生日プレゼントとして送った。そしてのちに第1曲から第3曲を《3つのロマンス》としてまとめ出版し、ブラームスへ献呈した。ピアノ独奏曲では、作品番号を与えられた最後の作品。

3曲を貫く語法的な共通点は見られないけれど、アンダンテ、アレグレット、アジタートと次第にテンポを速めていくため、一種のチクルスと見なすこともできるだろう。

第1曲 イ短調

右手が3度で奏で始めるメロディーは、美しくメそしてクララらしいメランコリックなもの。この静的な部分から、動的なヘ長調の中間部へ。右手の3連符に左手の5連符が組み合わせられるなど、リズム的にやや不安定に感じられる。ここでの3連符は、再びコーダでも鳴り響く。

第2曲 ヘ長調

非常に柔らかく奏することと記された、この3曲中最も短いロマンスは、16分音符と16分休符が一貫した基本モチーフとして表現される。このいくぶんスケルツォ的なリズムと色彩感のある和声が、この曲の魅力だ。

第3曲 ト短調

慌しい16分音符は、まるで無窮動のよう。半音階的にさまよい歩くのは、右手の旋律ばかりでなく、左手の和声的支えも同様だ。この落ち着きのなさは、テンポが遅くなる中間部にも引き継がれる。ここでも半音階の進行に加え、掛留音も効果的で、作品全体を統一のとれたものにしている。

楽章等 (3)

第1番 Op.21-1

調:イ短調  総演奏時間:5分00秒 

動画(0)

解説(0)

第2番 Op.21-2

調:ヘ長調  総演奏時間:1分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3番 Op.21-3

調:ト短調  総演奏時間:4分30秒 

解説(0)

楽譜(0)