ホーム > ピアノ曲事典 > バルトーク > 3つのチーク県の民謡

バルトーク:3つのチーク県の民謡

Bartok, Bela:3 Csik megyei nepdal Sz.35

作品概要

出版年:1908年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:3分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (491文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

1904年、ハンガリー農民の歌ううたに心を奪われてから、バルトークは民謡の収集を志し、1906年から本格的な民謡の収集を開始した。1907年の夏には、チーク県(現在ルーマニア)に訪れ、1ヶ月以上にわたって民謡収集を行っている。この旅の途中で、バルトークはある羊飼いの老人が吹く笛に感動し、この旋律を、笛とピアノのために編曲した。その数ヶ月後、それをピアノ独奏用に編曲したものが、この《3つのチーク県の民謡》である。これは、バルトークが民族音楽を編曲したはじめてのピアノ作品である。

第1曲:村人が吹く笛による、単純な旋律が、さまざまな装飾音をもって奏される。即興的要素の強い装飾であり、その演奏は容易とはいえない。ドリア調。

第2曲:エオリア旋法による旋律が、テンポを微妙なゆれの中で奏される。親に反対をうける恋人同士の嘆きを歌った歌。

第3曲:テンポジュストではっきりと刻まれる拍にのせて、民俗音楽の旋律がうたわれる。徴兵命令により、故郷への別れを告げる少年たちの歌。なお、この曲に登場する旋律は、《8つのハンガリー民謡》の第五曲でも、用いられている。3曲中、演奏難易度は、比較的容易。

執筆者: 和田 真由子

楽章等

ルバート Sz.35 BB 45b ルバート

総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル(7)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。