ベートーヴェン :ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」 第3楽章 Op.13

Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.8 "Pathetique" 3.Satz Rondo-Alleg

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分30秒
ピティナ・ステップレベル:発展5
  • クリックして画像を開く
  • tab
26096 1

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (349文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

ハ短調 2分の2拍子 ロンド・ソナタ形式

本来はヴァイオリンとピアノのデュオのためにスケッチされていたが、最終的にソナタのフィナーレ楽章となった。

分散和音の伴奏の上に、いかにも単音楽器の旋律を思わせる主題が提示される。変ホ長調による副次主題(第25小節~)を挟み、ロンド主題が回帰する(第62小節~)。今度は変イ長調で対位法的な楽想があらわれる(第79小節~)。

この後ソナタ形式的な再現部がおかれ、ロンド主題がハ短調であらわれた後(第121小節~)、副次主題はハ長調で再現される(第134小節~)。

いま一度ロンド主題があらわれると(第171小節~)、これが副次主題の3連音符の要素へ発展してコーダを形成する。変イ長調がほんのひと時顔をのぞかせるが、3連音符の下降音型によってハ短調で楽曲を締めくくる。

執筆者: 岡田 安樹浩