ホーム > スクリャービン > 2つの前奏曲

スクリャービン :2つの前奏曲 Op.67

Scriabin, Alexander:2 Preludes Op.67

作品概要

作曲年:1912年 
出版年:1913年 
初出版社:Jurgenson
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲
総演奏時間:3分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (225文字)

更新日:2008年5月1日
[開く]

1912年からその翌年にかけて作曲された。楽譜は1913年に出版されている。

第1曲目 8分の5拍子 アンダンテ

この曲の上声は半音階的な音の動きを多用し、それを支える和音の低音には増4度が連続して響く。そのため、不気味な雰囲気が色濃く行き渡った曲となっている。

第2曲目 8分の4拍子 プレスト

この曲は、メシアンの「移調の限られた旋法」の第2番に近い音の構成に基づいている。右手の8分音符の重音に対して、左手が一貫して16分音符による3連音符をあてがう。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (2)

アンダンテ Op.67-1

総演奏時間:2分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

プレスト Op.67-2

総演奏時間:1分00秒 

解説(0)

楽譜(0)