ホーム > ピアノ曲事典 > シューマン > ウィーンの謝肉祭の道化芝居「幻想的情景」

シューマン :ウィーンの謝肉祭の道化芝居「幻想的情景」 Op.26

Schumann, Robert:Faschingsschwank aus Wien ‘Phantasiebilder’ Op.26

作品概要

作曲年:1839年 
出版年:1841年 
初出版社:Mechetti
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:21分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (611文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

この曲はタイトルが示す通り、シューマンがウィーンで楽しんだ謝肉祭の賑やかな様子を、幻想的に描いたものである。しかし当初は「ロマンティックな大ソナタ」と名付けようとしていたため、単なる情景のみならず形式的にソナタ風の要素も持った曲である。

1.アレグロ / op.26-1 "Allegro"

第1楽章 アレグロ 変ロ長調 3/4拍子 ロンド形式

舞曲風のロンド主題に、エピソードが5つも挿入されている。この様々なエピソードのうち第4のエピソードには、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の一部が登場する。

2.ロマンス / op.26-2 "Romanze"

第2楽章 ロマンツェ ト短調 2/4拍子 三部形式

ゆったりと始められるやや悲しげで美しい旋律が登場。中間部は三拍子に転じる。

3.スケルツィーノ / op.26-3 "Scherzino"

第3楽章 スケルツィーノ 変ロ長調 2/4拍子 ロンド形式

軽快なリズムに乗ってさわやかに流れる、明るくユーモラスな曲。

4.間奏曲 / op.26-4 "Intermezzo"

第4楽章 インテルメッツォ 変ホ短調 4/4拍子

終始一貫して現れる三連音の伴奏上に、優雅な旋律を切々と歌いあげている。

5.フィナーレ / op.26-5 "Finale"

第5楽章 フィナーレ 変ロ長調 2/4拍子 ソナタ形式

華やかでやや騒々しい謝肉祭の情景。全体に細かい音型が現れて、興奮覚めやらぬ様子が描かれる。

楽章等 (5)

アレグロ Op.26-1

調:変ロ長調  総演奏時間:9分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ロマンス Op.26-2

調:ト短調  総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

スケルツィーノ Op.26-3

調:変ロ長調  総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

間奏曲 Op.26-4

調:変ホ短調  総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

フィナーレ Op.26-5

調:変ロ長調  総演奏時間:6分00秒  Toka コンペ課題曲:F級

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル (1)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。