ホーム > リスト > 巡礼の年 第2年「イタリア」 > 「ペトラルカのソネット 第123番」

リスト :巡礼の年 第2年「イタリア」 「ペトラルカのソネット 第123番」 S.161/R.10-6 A55

Liszt, Franz:Années de pèlerinage deuxieme année "Italie" "Sonetto 123 del Petrarca" S.161/R.10-6

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:5分30秒

解説 (2)

解説 : 伊藤 萌子 (368文字)

更新日:2019年1月9日
[開く]

第4番から第6番は、イタリア・ルネサンスを代表する叙情詩人、フランチェスコ・ペトラルカ(1304-74)の代表作である『カンツォニエーレ』より。『カンツォニエーレ』はペトラルカがラウラへの愛を歌ったもの。また、ソネットとはイタリアで生まれた14行の定型詩を言い、「小さな歌」を意味しており、ペトラルカとダンテによって完成された。リストは第47番、第104番、第123番を採り上げて作曲した。

ほぼ同時期に歌曲(S.270)としても作曲されており(同一の旋律を持つ)、両方とも1846年に出版された。現在知られているのはその改訂版である。

第6番「ペトラルカのソネット 第123番」の詩は、地上で天使の姿を見たというくだりから始まり、恋の甘美さを歌ったもの。穏やかで優美な曲調は、続く「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」の激しさと対照的である。

執筆者: 伊藤 萌子

演奏のヒント : 大井 和郎 (1136文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。