バッハ :インヴェンション 第2番 BWV 773 ハ短調

Bach, Johann Sebastian:Invention Nr.2 c-moll BWV 773

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:1分30秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7 発展1

楽譜情報:36件
  • クリックして画像を開く
  • tab
22485 1
22485 2

解説 (3)

解説 : 髙松 佑介 (315文字)

更新日:2020年9月18日
[開く]

ハ短調、4/4拍子。

この曲の「インヴェンツィオ(着想)」として、カノンの技法を念頭に置いた主題が案出されている。《ゴルトベルク変奏曲》(BWV 988)以前に作曲された唯一のカノン風の鍵盤曲という点で、注目すべきだろう。

曲全体は3部分に区切られる。まず第1の主題提示部では、上声部を下声部が2小節遅れで追う(第1~10小節)。続く10小節間では、下声部が属調のト短調で第1展開部の上声部を反復し、これを上声部が追いかけるよう設計されている。つまり第2提示部では、第1提示部と同じ構造を取りつつ、声部の転回が行われている(第11~20小節)。最後の7小節はカノンになっておらず、2小節の導入ののち主題の模倣によってコーダを形成する。

執筆者: 髙松 佑介

楽曲分析図 : 林川 崇 (151文字)

更新日:2018年3月15日
[開く]

演奏のヒント : 大井 和郎 (1180文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

楽譜 (8件以上)全件みる