ホーム > フォーレ > ノクターン 第7番  嬰ハ短調

フォーレ :ノクターン 第7番  Op.74 嬰ハ短調

Faure, Gabriel:Nocturne No.7 cis-moll Op.74

作品概要

作曲年:1898年 
出版年:1899年 
初出版社:Hamelle
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ノクターン
総演奏時間:8分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (349文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

1898年に作曲され、その翌年にアメル社から出版されている。この夜想曲は、アデーラ・マディソン夫人に捧げられた。夫人は、イギリスの楽譜出版社、メツラーの社長夫人であった。彼女はこの作品が作曲された1898年、夫のもとを離れ、フォーレのいるパリに移ってきている。嬰ハ短調、モルト・レント。8分の18拍子という珍しい拍子で開始し、バルカローレのようなリズムを持つ。メロディーがゆったりと歌われていき、展開部、ウン・ポコ・ピウ・モッソへと続く。第2部は嬰へ長調で開始し、この部分は大変高揚感ある音楽である。69-77小節には異名同音による転調が見られ、曖昧な響きが特徴的なフォーレらしい手法に溢れる。この作品とほぼ同じ時期に作曲された《主題と変奏》は、主調のみならず、作品全体が持つ荘厳さも共有している。

執筆者: 齊藤 紀子