ホーム > ピアノ曲事典 > ブラームス > 創作主題による変奏曲 ニ長調

ブラームス :創作主題による変奏曲 Op.21-1 ニ長調

Brahms, Johannes:Variationen über ein eigenes Thema D-Dur Op.21-1

作品概要

作曲年:1857年 
出版年:1862年 
初出版社:Simrock
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:18分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (549文字)

更新日:2009年2月1日
[開く]

この変奏曲は1857年に作曲されたのだが、その前年の6月に、ブラームスは友人のヨアヒム宛の書簡の中で変奏曲についての見解を述べている。「主題との関係は厳密で純粋であるべき」だが、自分も含めてベートーヴェンより後の作曲家は「旋律にしがみついて」いるのだという。彼は、むしろ主題のバスや和声構造に基づき、それによって新しい旋律へと変化させることに関心をもった。そして生み出されたこの変奏曲はしたがって、主題旋律の重視された前作の《シューマンの主題による16の変奏曲》作品9とは異なった手法が用いられている。

ブラームス自身による主題は、ポコ・ラルゲットの速さで、彼らしい子守唄のような優しい雰囲気をもつ。続く11の変奏は、しばしば速度を変えるものの、主題の9×2+9×2の小節構造をほぼ維持し、調や拍子も頻繁に変化することはない。各変奏は独立したキャラクターをもっているが、和声あるいはバスが主題との関連をもたらし、それによって全体の統一が図られているのである。また、緩急の変化やクライマックスの用い方など、音楽的な配慮も十分みられる。

後の《ヘンデル》変奏曲や《パガニーニ》変奏曲に比べると知名度は落ちるが、24歳の作曲家による若さ溢れるこの変奏曲は、彼の変奏技法の転換点という意味で重要な作品であろう。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等 (12)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

変奏曲 第3番 ドルチェ

総演奏時間:1分15秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

変奏曲 第4番 ドルチェ

総演奏時間:1分25秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

変奏曲 第9番

総演奏時間:1分12秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)