ホーム > ピアノ曲事典 > シューベルト > アレグロ・モデラートとアンダンテ ハ長調

シューベルト :アレグロ・モデラートとアンダンテ D 968 ハ長調

Schubert, Franz:Allegro moderato e Andante C-Dur D 968

作品概要

作曲年:1828年 
出版年:1888年 
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:7分30秒

解説 (4)

総説 : 堀 朋平 (913文字)

更新日:2015年9月24日
[開く]

シューベルトのピアノ舞曲  19世紀初頭は、18世紀に流行した貴族的なメヌエットが、より民衆的でダイナミックなドイツ舞曲やレントラーに座をゆずった後、やがて華やかなワルツに移行しようとしていた時代である。2手用と4手用あわせて約650曲に上るシューベルトのピアノ舞曲も、これら3拍子系の曲種を中心に伝承されている。ヴィーン会議(1814~15年)後に隆盛を見たワルツのリズムをシューベルトも愛したが、残された楽譜を見るかぎり、作曲家が「ワルツ」の名称を使ったのは1回だけであった。この事実からも、各舞曲の性格はそれほどはっきり区別されていなかったと考えてよい。  シューベルトにとってのピアノ舞曲は、まずは内輪の友人たちの集いにBGMを提供し、なごやかな社交の雰囲気を作り出す曲種だった。やがて腕前が世間に知られていくにつれ、公の大きなダンスホールに招かれてピアノを弾く機会も増えていった。その場の雰囲気にあわせて即興で弾いた曲のなかから、特に気に入ったものを後で楽譜に清書していたらしい。そうして書きためられていった舞曲は、歌曲と並んで初期の出版活動の中心をなした。  シューベルトがピアノ舞曲を弾く様子は、友人たちの数ある証言のなかでも最もしばしば、そして生き生きと回想される場面の一つだった。それらの証言が12月~2月に集中しているのは面白い事実である。南方とはいえヴィーンの冬は厳しい。彼らは寒い夕べに皆で集い、心身の暖を取っていたのである。そんなある夜、人生に疲れた親友をシューベルトの即興演奏が癒す様子を描いた詩すら残されている。こうした場面はシューベルトの音楽の原風景をなすものであり、そこで生まれた舞曲は、時に精神のドラマをはらむ緊密なチクルス(まとまった曲集)にまで発展することがあった。この性質をよく認識していたのがロベルト・シューマンである。シューベルトの舞曲チクルスのいくつかは、やがて《ダーヴィド同盟舞曲集》(1837年)につながるほどの緊密な作品集になっているのである。  友情、社交、そして精神の旅路――この3つの領域をゆるやかに横断しつつ、シューベルトのピアノ舞曲は人の心と身体を暖めてくれる。

執筆者: 堀 朋平

成立背景 : 堀 朋平 (122文字)

更新日:2015年9月24日
[開く]

楽曲分析 : 堀 朋平 (275文字)

更新日:2015年9月24日
[開く]

演奏のヒント : 堀 朋平 (407文字)

更新日:2015年9月24日
[開く]

楽章等 (2)

アレグロ・モデラート D 968

総演奏時間:4分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

アンダンテ D 968

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル (2)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。