ホーム > ピアノ曲事典 > プーランク > ピアノと18の楽器のための舞踏付き協奏曲《オーバード》

プーランク :ピアノと18の楽器のための舞踏付き協奏曲《オーバード》

Poulenc, Francis:Aubade, Concerto choregraphique

作品概要

作曲年:1929年 
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:20分30秒

解説 (1)

執筆者 : 永井 玉藻 (423文字)

更新日:2015年4月27日
[開く]

1929年に発表された、プーランク2作目のバレエ音楽。ピアノと18の楽器で構成されたオーケストラが奏する、10曲の音楽からなる作品である。バレエのシナリオも、「女性の孤独」をテーマに作曲家自身が執筆した。登場人物は、月の女神ディアーヌと彼女に従うニンフたち。彼女たちが朝ぼらけから日の出までの間に眠りから覚め、孤独や悲しみ、成就しない愛に苦しむ様子が描かれる。初演は、プーランクのパトロンで作品の依頼主でもあるノアイユ伯夫妻の屋敷で、私的に行われた。公開での初演は1930年。  卓越したピアニストでもあるプーランクの作品らしく、ピアノはソロ楽器としても、オーケストラの一部としても活躍する。冒頭のホルンとトランペットによるテーマは、曲を支える主題として、様々に形を変えて至る所に現れる。また、7曲目の「レシタティフ、ディアーヌのヴァリアシオンへの導入」で聴かれるように、《オーボエ、バソンとピアノのためのトリオ》などの自作からの引用も見られる。

執筆者: 永井 玉藻

楽章等 (10)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

トッカータ

総演奏時間:2分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ロンド, ディアーヌと仲間たち

総演奏時間:3分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ディアーヌの身支度

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ディアーヌの絶望

総演奏時間:0分40秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ディアーヌの別れと出発

総演奏時間:5分10秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。