ホーム > チュルニョーニス > 4つの前奏曲

チュルニョーニス :4つの前奏曲 Op.16

Ciurlionis, Mikalojus Konstantinas:Four Preludes Op.16

作品概要

作曲年:1904年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲
総演奏時間:5分15秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (442文字)

更新日:2008年3月1日
[開く]

1904年に作曲された。以下の4つの小曲から成る。

1.ロ短調/b-moll:執拗に繰り返される右手の下降音型にはじまる。低音から高音に向けて、左手がオクターブで激情的に旋律を奏で、音楽を高めていく。45秒程度の小曲。

2. ロ短調/b-moll:トッカータ風。左手のうねるような動きが単音からオクターブに変化し、厚みを増していく。その上で旋律は音を連打によって強調させながら徐々に上昇する。演奏所要時間は40秒程度。

3. ニ短調/d-moll:繰り返し下降する3連音の伴奏にのせて、鬱々とした雰囲気で旋律が奏でられていく。転調を繰り返すその作風はスクリャービンを思わせる。最後のニ長調でのしめくくりが印象的である。演奏所要時間は約3分。

4. 交響詩《海》のエピソソード/Episode from the symphonic poem THE SEA:前曲の陰鬱な雰囲気をぬけて、ほっと一息つけるような一曲。

1907年の交響曲作品《海》の主題による。わずか6小節、演奏時間約50秒の小曲。

執筆者: 和田 真由子

楽章等 (4)

第1番 Op.16-1

調:ロ短調  総演奏時間:0分45秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2番 Op.16-2

調:ロ短調  総演奏時間:0分40秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3番 Op.16-3

調:ニ短調  総演奏時間:3分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)