ホーム > メンデルスゾーン > 華麗なカプリッチョ ロ短調

メンデルスゾーン :華麗なカプリッチョ Op.22 O 8 ロ短調

Mendelssohn, Felix:Capriccio brillant h-moll Op.22 O 8

作品概要

作曲年:1832年 
出版年:1832年 
初出版社:London
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:カプリス
総演奏時間:10分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (340文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

1825年に作曲された。ピアノと管弦楽のための協奏曲。単一楽章で構成されている点を含め、ウェーバーからの色濃い影響がみられる。

4分の4拍子、アンダンテ。アルペッジョの伴奏和音にのせて、親しみやすい優美な旋律がゆっくりと歌われていく。そこに弦の伴奏が加わり、広がりを増してゆく。続いて、ロ短調、アレグロ・コン・フォーコの部分は、対照的な雰囲気をもつ。おどけたような軽快なリズムにのって、華やかで情熱的な楽句がピアノ・ソロで奏される。管弦楽のリズム楽句を挟みながら、曲は行進曲調になり、爽快感あふれる主題がピアノと管弦楽で堂々と歌われる。再びアレグロの主題が顔をみせるが、またロ長調、行進曲調に戻る。最後は、ロ短調となり、ピアノの非常に華やかな見せ場をもって、輝かしく曲をしめくくる。

執筆者: 和田 真由子

楽章等 (2)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

その他特記事項
ピアノ独奏曲『アンダンテとアレグロ・ディ・モルト』を改訂した作品。