ホーム > ピアノ曲事典 > ベートーヴェン > ヴィンターの歌劇「妨げられた奉献祭」の四重唱「子よ、静かにおやすみ」による7つの変奏曲

ベートーヴェン :ヴィンターの歌劇「妨げられた奉献祭」の四重唱「子よ、静かにおやすみ」による7つの変奏曲 WoO.75

Beethoven, Ludwig van:7 Variationen über das Quartett "Kind, willst du ruhig schlafen" aus der Oper "Das unterbrochene Opferfest" von P.Winter WoO.75

作品概要

作曲年:1799年 
出版年:1799年 
初出版社:Mollo
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:11分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (321文字)

更新日:2008年9月1日
[開く]

1799年に作曲されたこの変奏曲は、1796年にヴィーンで初演されたペーター・ヴィンター(1754-1825)のコミック・オペラの四重唱を主題とする。ヴィンターはジングシュピールやコミック・オペラのジャンルにおいて人気の作曲家であり、ベートーヴェンが取り上げたこの作品も、繰り返し上演された人気作品である。

主題は、8+8+4小節の子守唄に続いて早くも変奏を伴った8+4+8小節、そして9小節のコデッタをもつ49小節のイレギュラーな構成である。各変奏はこの小節数を守り、和声構造を保ちながら装飾を施す当時の標準的な変奏であるが、例外的に、第7変奏にはコーダとそれに続く「アレグロ・モルト」部分が付随し、176小節もの長大な最終変奏となっている。

執筆者: 稲田 小絵子
現在視聴できる動画はありません。