ホーム > ピアノ曲事典 > クリューガー

クリューガー 1820-1883 Krüger, Wilhelm

  • 解説:金澤 攝 (250文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • シュトゥットガルト生れ。リントパイントナー(1791-1856)に師事し、ヴュルテンブルクの宮廷ピアニストとなる。1840年代半ばからパリに出て活躍。当時パリに集っていた音楽家たちと親交を結び、オペラのパラフレーズ等を中心に約170曲のピアノ曲を出版。それらは名人芸を披露するためのものではなく、原作を尊重した堅実な内容で、独特のノスタルジックなタッチを特長とする。

    プロシア戦争(1870)を機にシュトゥットガルトへ帰郷。晩年にはヘンデルの全クラヴィーア作品の校訂出版を行った。62歳で同地に没した。

    執筆者: 金澤 攝
    <続きを表示する>

    作品(144)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (25)

    ソナタ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    曲集・小品集 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    メヌエット (2)

    ポルカ (1)

    無言歌(ロマンス) (1)

    ベルスーズ(子守歌) (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    パラフレーズ (23)

    リダクション/アレンジメント (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    トランスクリプション (11)

    ★ 種々の作品 ★ (60)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)