ホーム > ピアノ曲事典 > ファリャ

ファリャ 1876-1946 Falla, Manuel

263

解説:樋口 愛 ( 360文字 )

更新日:2007年10月1日

1876年カディスに生まれる。ピアニスト、作曲家。1890年マドリードでホセ・トラゴにピアノを師事。後、マドリード音楽院に入学し、優秀な成績を残した。フェリーぺ・ペドレルに作曲を師事。スペイン民族音楽を学ぶ。1907年からパリに渡り、ドビュシー、ラヴェル、デュカスと交友関係を結び、彼らから印象主義の影響を受けた。その代表的な作品が、1911年から1915年の間に手がけたピアノと管弦楽のための交響的印象《スペインの庭園の夜》やバレエ音楽《恋は魔術師》《三角帽子》である。作風はスペイン民族主義と印象主義を上手く融合させ、リムスキー=コルサコフの交響的色彩の影響を受けて作曲されている。1921年頃から室内オペラや《クラブサン協奏曲》を手がける。これらの作品はストラヴィンスキーの新古典主義の影響があると認められている。

執筆者: 樋口 愛
<続きを表示する / 閉じる>

楽曲

ピアノ独奏曲(11)

マズルカ(1)

解説(0)

楽譜(0)

ノクターン(1)

解説(0)

楽譜(0)

性格小品(1)

歌とピアノ(1)